読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ema手帖 ~妊娠・出産・育児の体験談やおすすめ絵本のご紹介~

目標100記事。自身の体験を中心に子育てに関する情報を発信します。関東在住。現在4歳女児・0歳男児の母。

おすし好きの子どもにおすすめ絵本『おすしのさかな』

おすしのさかな (しぜんにタッチ!)

東京すしアカデミー監修の一冊。みんなが大好きなおすし。そのお寿司に使われる魚はどうやってやってくるのか?というテーマで制作された本。図鑑と絵本の間といえる。

おいしそうなお寿司や海で生き生き泳ぐ魚など、写真をふんだんに使い説明されている。

 

写真に迫力があるので、2歳ごろからでも楽しめる。よりこの本を楽しむには5歳ごろから。細かな説明文などを見ると、大人も知らなかった知識を得られる。長く読める一冊。

 

たとえば、子どもも大好きなマグロのおすし。それはどのように作られるのか。

・うみでおよぐまぐろ

・漁師がつる

・魚屋がさばく(1匹からサクに解体する模様)

・お寿司屋さんで握る

 

マグロ以外にも、アジ、サーモン、いくら、いか、エビなど。

 

たくさんの海の恵みによっておすしがつくられる。感謝をして食べよう、というメッセージで締めくくられている。

 

読み聞かせの反応★ 

読み聞かせた時期:4歳2か月

おいしそうなお寿司が並んでいるので、どれが好き?これ食べてみたいね。など、コミュニケーションを取りながら楽しく読める。刺身の状態しか知らないお魚。丸々一匹の状態がわかるので、子どもにとっては驚きや発見がたくさんあった様子。イクラとサーモンが親子であることや、生のタコの奇妙な姿、おすしができるまでにたくさんの工程があることなど。言葉での説明はわかりにくいが、写真が多く小さな子供でも理解しやすい。

知識を楽しく得られる、科学絵本。

 

おすしのさかな (しぜんにタッチ!)

おすしのさかな (しぜんにタッチ!)

  • 作者: 川澄健,中沢正人,古島万里子
  • 出版社/メーカー: ひさかたチャイルド
  • 発売日: 2010/05/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 7回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

【読み聞かせノートより】

注意)何が書いてあるかは本人も解読不可

 

f:id:mothersnote:20170519150119j:plain

楽天はこちら★

 

 

ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m