読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ema Note

気になることを詰め込んだ手帖Blog

4歳5歳6歳の誕生日祝いにおすすめの絵本『じぶんでつくる6さいまでのアルバム』

 

じぶんでつくる6さいまでのアルバム

姪っ子(6歳)への誕生日プレゼントを購入しました。それがこちらの『じぶんでつくる 6さいまでの アルバム』。ぐりとぐらをはじめ、多くの絵本の挿絵を描かれた、やまわきゆりこさんによるものです。

 

”じぶんでつくる”というタイトル通り、お子さん自身が書き込んで使います。

子ども版の”自分史”といったものでしょうか。

 

すべて書き終えるころには世界に一冊しかない、自分だけの本が完成します。

 

くわしい内容紹介

 あなたが生まれたのはどんな日だった? 赤ちゃんのときってなにを食べていたのかな? お気に入りだった おもちゃは? 今はなにをして遊ぶのが好き? 生まれてから6歳までのことを思い出しながら、この本に絵を描いたり、写真や折り紙をはったりしてみません か? 思いだせないことは、お家の人に聞いてみてください。ほら、すてきなアルバムのできあがり! 世界でただ一冊、自分で作る絵本です。卒園記念にも ぴったりです。

 

編集担当からのメッセージ

この『じぶんでつくる 6さいまでの アルバム』が初めて子どもたちに手渡されたのは、2000年3月号 〈かがくのとも〉としてでした。なんと、やまわきゆりこさんの〈かがくのとも〉初登場です。「わたしに科学なんて無理よ」とおっしゃっていた山脇さんと打 ち合わせを積み重ねるなかで、3人のお子さんを育てられた山脇さんの経験を生かし、この本の誕生となりました。上下2段で構成されるこの絵本、上段は猫の 『プリン』の成長記録です。「わたしが うまれたのは 10がつ 10か。あなたは?」とか、「わたしは こんな おもちゃで あそびました。あなたの  おきにいりの おもちゃは?」などプリンが語りかけてくる展開です。下段は『あなた』の成長記録。読者はプリンと一緒に楽しみながら、1冊のアルバムを作 りあげていくことでしょう。卒園記念にもぴったりです。

 http://www.fukuinkan.co.jp/detail_page/4-8340-1722-2

 

たまたま絵本の専門店で見つけて購入しました。おかげで、6歳の誕生日までかなり長く温めることになりました(笑)

 

 やまわきゆりこさんの優しいタッチの挿絵とあったかい文章。


産まれたときから6歳になるまで。あんなこともこんなこともあったなぁと振り返ることができます。


6さいまでのアルバムは全32ページにわたります。

6歳になったときに渡すのも良いですが、字が書けるのであれば4歳ごろからでも良いと思います。5歳、6歳のページはお楽しみにとっておくのもアリ。

 

子どもも家族も一緒に6年間を振り返ることで絆が深くなる

6年間といえど、子ども自身の記憶に残っているのはここ最近のこと、もしくは断片的なものでしょう。家族に自分の生まれたころや2~3歳のころの様子を聞くことで、新たな発見があったり、自分がいかに大事にされてきたかがわかります。

また、お父さん、お母さんも制作のお手伝いをすることで、これまでの育児をふりかえることができます。

仕事をしているとフィードバックや振り返りを必ず行いますよね。それによりモチベーションが上がったり、より良い仕事になるように改善されていくでしょう。

しかし、育児にはなかなかそんな時間がありません。

だからこそ、この絵本が必要なのです。

たとえば、小学校入学のお祝いにこの本を贈ってみてはいかが?

そしてこのタイミングでお子さんと一緒に6年間を振り返ってみませんか。

産まれたばかりのちいさな手足やはじめて歩いた時の事、好きだった食べ物や旅行に行った思い出など、お子さんにたくさんお話してあげてください。

きっとお子さんはたくさんの愛情を感じることができ、そして家族の絆が一層深まるでしょう。

 

ご参考になれば幸いです。

 

 ≪amazonはこちら≫

じぶんでつくる6さいまでのアルバム

じぶんでつくる6さいまでのアルバム

 

楽天はこちら》

 

【関連記事】

 

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com