読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ema Note

気になることを詰め込んだ手帖Blog

2歳半から歯石除去に通う。虫歯予防のためにできることなど。

 

前回の記事に引きつづき、今回も歯石除去のお話です。本日は子どもの歯石除去について。

 お子さんの歯医者デビューは何歳の時でしたか?私の娘は1歳半のころに行きました。私の住んでいる自治体では、1歳すぎに歯科検診の受診とフッ素塗布の助成券が配布されました。それが初めての歯医者に行ったきっかけでした。

 

子どもの歯石除去について

そもそも、歯石除去はなぜ必要なのでしょうか。

日ごろの歯磨きが毎日の掃除だとすると、歯石除去は大掃除。

お口の中には歯ブラシでは取り切れない汚れが付着しています。それを綺麗にしてあげるのが歯石除去の目的です。

歯石とは簡単に言うと、歯クソ(歯垢)が放置されカチカチになったもの。

ばい菌の温床です。これを放置すると、歯や歯茎が蝕まれ、虫歯や歯周病になってしまいます。そのために、定期的な歯石除去が必要になります。

 

お子さんの歯石を無理やりとらないで!

GreenOcean ★【セレクト雑貨】ミニポタリーケース乳歯ケース

ご自宅で歯石を取ろうとする方もいるそうです。が、歯石は素人が簡単にとれるものではありません。無理をすると歯の表面や口内を傷つけてしまい、お子さんのトラウマになってしまいます。歯医者でプロに取ってもらったほうがずっと安全できれいに取り除くことができます。

赤ちゃんの下の前歯の裏に歯石が付くことがあります。この歯石は無理して取る必要はありません。赤ちゃんのお口の中には歯周病菌がいないので、歯石ごと磨いて、あげればいいのです。もちろん、赤ちゃんが協力的で取れるようであれば取ってあげてもいいのです。

http://hanoblog.com/dental%E2%80%90calculus-2977

 

2歳児、初めての歯石除去

さて、うちの子どもの歯石除去体験。

娘は2歳ごろの検診で、下の前歯の裏に小さな歯石がみつかりました。

「こんなに小さいのにもう歯石が!?」とショック・・・。

しかし、先生によると「この場所はよく歯石ができるところだし、まだ小さいから気にしなくていいよ」とのことでした。

ちなみにその日は除去しませんでした。なぜでしょうか。歯医者さんになれてないうちに歯石除去をして、怖い思いをすると、後々トラウマになるからとのこと。もう少し、年齢が大きくなってからの除去で全く問題ないですよ、と説明を受けました。

結局、その半年後、2歳半の歯科検診で除去しました。フッ素塗布前のブラッシングが気持ちよかったのでしょうか。口を「あーん」するのが気に入った模様。衛生士さんが、「この勢いで歯石も取っちゃいましょう^^」みたいなノリで除去してくれました。よほどひどい場合でない限り、歯石除去は痛みがありません。特に抵抗することもなく、穏やかに終わっていきました。

 それから定期的に通い、歯石除去とフッ素塗布をしています。ついている時とそうでない時と大体半々ですね。

子どもの歯石除去とフッ素塗布に通う理由

虫歯になると、歯が痛みます。治療だって痛い。食べたいものも満足に食べられません。しかし、歯石除去もフッ素塗布は痛くありません。歯石は髪の毛や爪のように神経がありません。フッ素塗布も、歯にジェルを塗るだけです。

しかもですよ?

子どもの医療費ですから、我が家を含め多くのご家庭は無料でできるんです

所得制限によって実費が必要だとしても、そんなに高いものではありません。娘の実質のフッ素塗布と歯石除去の診療費は850円でした。(ちなみにわたしの歯石除去代は2740円)

フッ素塗布は、定期的に通うことで効果を発揮します。2か月に1度程度が理想とのこと。そのついでに、虫歯と歯石のチェックをし、必要に応じて処置をする。これだけで、虫歯のリスクは格段に下がります。

また、子どもの歯の磨き方についても、わかりやすく指導してくれます。診察前に自宅で歯磨きをしてきましたが、歯垢染色剤(磨き残しに反応する赤い薬)につけると、まっかっか!!いかにテキトーだったかわかります・・・。よく磨けているところと、そうでないところが一目瞭然。どこに気を付けて磨くのがよいかわかります。これだけでも、かなりの収穫。

食いしん坊のうちの子たちにとって、食べられない事ほど可哀想なものはありません。できるかぎりのことはやってやりたいと思うのです。

 

 ※フッ素塗布について、諸説あり抵抗があるという方も多いと思います。気になる場合は歯科医に確認したり、ご自身で調べてみてはいかがでしょうか。フッ素塗布をしなくても、食事に気を付けて普段のケアを怠らなければ虫歯のリスクは減らせるとのことです。

 

【広告】

日本で初めて虫歯菌除去成分『BLIS M18』を採用した子供用の歯磨き粉

子どもの予防歯科に力を入れているクリニックを探そう!

子どもの歯科選びはかなり重要です。ご自身が通われているところでも、子どもが落ち着かない雰囲気かも・・・と不安があれば違うところを探してみるのもいいかもしれません。

私も、それまで通っていたところから乗り換えました。悪いところではないのですが、待ち時間が長かったり、時間を潰す場所がなかったり。ほかのお客さんの雰囲気からして、子どもが騒いだ場合白い目で見られる感じも気になり(被害妄想?)、いろいろ不便でした。今通院しているところは、ママたちに人気のクリニック。女性の歯科医さんがおられるからか、子どもの歯科治療にも力を入れているところです。キッズスペースがあったり、子どもになれたスタッフも大勢いるので、娘は歯医者=遊びに行くみたいなイメージ。パッと見は保育園の様な内装で、若い男性は近寄りにくいかもしれませんが、結構にぎわっています。

ちなみに、隣町には無料託児付きの歯科があります。

お母さんも安心して治療ができますし、ついでにお子さんも診てもらえる。うらやましいなぁ。

調べてみると、託児付きの歯医者は増えてきているようですね。都市部だけではなく、地方にも点在しています。あなたの住んでいるところにもあるかもしれませんよ。

 

 

まとめ

以上、子どもの歯石除去についての記事でした。

 

・歯石除去は痛くない

・歯石は無理やりとらずに歯医者へ!

・子どもの治療に力を入れているところは雰囲気も良くおすすめです

 

ご参考になれば幸いです。

 

【関連記事】

 

 

www.emanote.info

www.emanote.info

 

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com