読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ema Note

気になることを詰め込んだ手帖Blog

NHKの2018年大河ドラマ「西郷(せご)どん」主演は鈴木亮平。脚本家中園ミホ氏の代表作紹介!

こんにちは!現在放送中の大河ドラマ真田丸」にすっかりはまっているShioemaです。いままで、大河ドラマをじっくり見たことがないのですが、三谷幸喜氏の脚本と草刈正雄さんらの絶妙な演技にすっかり虜に。

 

さて、そんな中、再来年、2018年大河ドラマ「西郷どん」の主演が決まりました!

NHKの2018年大河ドラマ「西郷(せご)どん」主演が俳優の鈴木亮平さんに決定

 

鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動

 

明治維新から150年、2018年大河ドラマの主人公となるのは男にも女にも“日本史上最もモテた男” 西郷隆盛です。

2018年、「勇気と実行力」で時代を切り開く“愛に溢れたリーダー”が、日本の日曜よる8時に元気をお届けします。

http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/252141.

 

NHKの2018年大河ドラマ「西郷(せご)どん」の主演が、俳優の鈴木亮平さん(33)に決まった。幕末から明治初期にかけて活躍した西郷隆盛の役を演じる。

 約2か月前、NHKが「西郷どん」制作発表をした際には、主演は未定。直前には主演をめぐり、鈴木さん以外の俳優への「内定」報道も出るなど情報が錯綜し、「主演は誰か」に関心が集まっていた。一方、ネットでは鈴木さんは有力候補筆頭に名前が挙がっていた。

 

headlines.yahoo.co.jp

俳優 鈴木亮平さんと言えば・・・

様々な役柄を演じ分けるカメレオン俳優の一人。

これまでの出演作品を見ると、その幅の広さ(仕事を選ばないw)をお分かりいただけると思います。

 

ある時は・・・こんな作品にも。

HK/変態仮面 [DVD]

HK/変態仮面 [DVD]

 
俺物語!!

俺物語!!

 

 

役作りにかけるストイックさが一時話題にもなりました。

fundo.jp 私がはまっていた日曜ドラマ「天皇の料理版」で主人公のお兄さん役を演じていたのですが。病気を患う役で本当にやせ細っていました。(86kg→56kgへ減量・・・)

病床から破天荒な弟を見守る姿に、激しく心を揺さぶられました。役が憑依している、とはこのことなんだろうなと。

 

 

そんな鈴木亮平さんですが、私が初めて知ったのは朝の連続テレビ小説花子とアン」。

見るからに優しそうな夫役。

 

そして、この花子とアンの脚本を担当されたのが、「西郷どん」の脚本家でもある

中園ミホさんなのです。

 

大河ドラマ「西郷どん」の脚本家 中園ミホさんといえば?

中園 ミホ(なかぞの ミホ、1959年7月16日 - )は、日本の女性脚本家東京都中野区出身。本名は中園 美保(読み同じ)。日本大学芸術学部卒。2010年度から日本大学芸術学部客員教授を務める。10歳で父を、19歳で母を病気で亡くす。大学卒業後、広告代理店に入社。社の同僚がシナリオ講座に申し込んだものの行けなくなったため、その代わりとしてノートをとるため、シナリオ講座に参加した。1年3ヶ月で広告代理店を退職したのち、コピーライター四柱推命の占い師などの職業を経験。偶然知り合った脚本家の田中陽造の清書係に就く。その後、同じく脚本家の桃井章と知り合い、桃井の妻を世話するなど懇意になり、これらをきっかけにシナリオライターとなる。 https://ja.wikipedia.org

 

手掛けた脚本がつぎつぎと大ヒット!!

 

社会現象を起こした作品も多くあり、時代を反映したドラマのヒットメーカーともいえるでしょう。

 

中園ミホ氏脚本の代表作品

主観入ってますのでご了承ください。

白鳥麗子でございます!(1993年、フジテレビ)

人気少女コミックのドラマ化。超お嬢様で高飛車、でも一途な白鳥麗子の恋のドタバタ描いた作品。3~40代の女性なら、懐かしいという人もいるでしょう。ライバル?の名前は、かきつばたあやめ。

白鳥麗子でございます [DVD]

白鳥麗子でございます [DVD]

 

 

Age,35 恋しくて(1996年、フジテレビ)

中井貴一田中美佐子が演じる夫婦のW不倫劇。原作は柴門ふみのコミック。不倫ドラマブームの先駆け。シャ乱Qの挿入歌が懐かしい。つんく♂浜崎あゆみがデュエットしていましたね。

Age35 恋しくて 第4巻 [VHS]

Age35 恋しくて 第4巻 [VHS]

 

不機嫌な果実(1997年、TBS)

 林真理子原作の小説をドラマ化。当時、原作につけられたキャッチコピーがかなりセンセーショナルで話題になったとか。石田ゆり子演じる普通の主婦が不倫におぼれていく姿、なかなかのものです。子どもは見てはいけないドラマ。

不機嫌な果実 DVD-BOX 6巻組

不機嫌な果実 DVD-BOX 6巻組

 

やまとなでしこ(2000年、フジテレビ)

 全11回で平均視聴率26.4%、最高視聴率は34.2%をたたきだした月9ドラマ。テーマ曲、MISIA「Everything」も大ヒット。客室乗務員役の松嶋菜々子と、魚屋の主人役の堤真一恋物語。The月9、って感じのドラマです。再放送やっていると見ちゃう。

やまとなでしこ DVD-BOX

やまとなでしこ DVD-BOX

 

スタアの恋(2001年、フジテレビ)

 大物スタア役の藤原紀香と至極普通のサラリーマン役の草彅剛の恋愛が軽快なコメディタッチで描かれた作品。紀香様の全盛期でまさにスタアの時(今もスターですけど)。格差カップル、格差婚のブームのはしり。

スタアの恋 DVD1

スタアの恋 DVD1

 

anego[アネゴ](2005年、日本テレビ

林真理子の小説が原作。30代の独身美人OLを主人公に、仕事・恋愛・結婚など悩みを抱えながら生きる女性たちの生き方を描いている。おひとり様ブームとあわせて時代を象徴した作品。いとしさとせつなさと心強さと♪のイメージから一転、女優篠原涼子の代表作。相手役は赤西仁

anego〔アネゴ〕 DVD-BOX

anego〔アネゴ〕 DVD-BOX

 

ハケンの品格(2007年、日本テレビ

篠原涼子主演。残業はしない、相手構わず言いたいことを言う、直属でない上司の命令には従わない。そんな派遣社員だが、仕事はとにかく出来る!出来すぎる・・・。

ハケンの品格 DVD-BOX

ハケンの品格 DVD-BOX

 

詳しくはこちらを(ハケンの品格 - Wikipedia)

ドクターX〜外科医・大門未知子 (2012年~シリーズ化、テレビ朝日

特定の病院に属さない、フリーランスの女性外科医、大門未知子を描いた作品。人気が高く、シリーズ化されている。決め台詞「私、失敗しないので」がブーム。米倉涼子の麻雀シーンが見れます。

Doctor-X ~外科医・大門未知子~ スペシャル (宝島社文庫)

Doctor-X ~外科医・大門未知子~ スペシャル (宝島社文庫)

 

 

 花子とアン(2014年、NHK連続テレビ小説

連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)

 

 『赤毛のアン』の日本語翻訳者である村岡花子の半生を原案としたフィクション。初回(3月31日放送)から最終回までの期間平均視聴率が22.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。のちの朝ドラ「まれ」にて主演を務めた土屋太鳳も出演。

 

まとめ

上記にピックアップしたのはほんの一部です。
 
いくつかの作品を除いて、ほとんどの作品の主人公は女性。

また、現代の社会を描いた作品が多い中で、幕末をどのように描いていけるのでしょうか。そして、現代に生きる私たちが作品を通して何を感じるのか、今から期待が高まります。

 

(NHKリンク)http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/252141

 

 

【広告】 変態仮面も見れますよ♪↓