読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ema Note

気になることを詰め込んだ手帖Blog

『ねないこはわたし』ベストセラー絵本作家せなけいこ氏の自伝

これほど楽しい自伝はあったかしら。

 

絵本作家せなけいこ先生による、自伝的絵本「ねないこはわたし」。

 

やっと手元に届きました。楽しくてドキドキ、わくわく。

何度も読み返したり、挿絵の細部まで、見とれてしまいます。

『ねないこはわたし』せなけいこ

ねないこはわたし

ためになると思って

描いたわけじゃない。

しつけの本でもない。

 

おばけになって

飛んで行きたかったのは

わたしなの

 

『ねないこはわたし』

 

 

子育て経験のある方は一度は目にしたことがあるでしょう。

せなけいこ先生の作品。

ちぎり絵で表現されたぬくもりのある世界の中には

おばけや妖怪、めがねをかけたうさぎ、等身大のこどもたち。

私も子どもも大好きな絵本です。

 

今日ご紹介する『ねないこはわたし』は、せなけいこ先生による初めての自伝的絵本。

数々の名作の誕生の裏側や、ご自身の半生を、愉快な挿絵とともに綴ってあります。

文章よりも、挿絵(過去作品)が多くて、まさに”自伝的絵本”がぴったりです。

 

ねないこはわたし

ねないこはわたし

 

 

作品は何度も何度も読んでいますが、先生のことは知らない事ばかり。

例えば、ご主人が落語家であることは初耳でした。

それから、先生のスケッチ画や、貴重なご自宅の書庫の写真などもあります。

 

せなけいこ作品 貼り絵の秘密

くずかごおばけ (せなけいこ・おばけえほん)

あめふりうさぎ (新日本出版社の絵本 ふれあいシリーズ 1)

 

今まで何気なく見てきたこれらの絵。

よく見てみると、薄い紙や分厚い紙、千代紙や画用紙、ちぎられたりハサミで切られたり。いろんな工夫が結集して一枚の絵になっています。

実は、封筒の裏紙や、お店の包装紙もかなりたくさん使われているんですって!

そうした紙は大事に保管していると言います。

貼り絵についても詳しく触れられているので関心のある方はぜひ、

作品をご覧になってください。

 

参考:出版社による作品紹介

1969年に刊行されてから、いまだにあらゆる幼児に読み聞かせられる永遠の名作絵本『ねないこだれだ』。誰もが見覚えのある独特の貼り絵、そして夜更かししていた子どもが「おばけ」になって連れていかれてしまうという衝撃的なラストで、発行部数は200万部以上です。
実はこの絵本はせなけいこさんのデビューシリーズ4冊のうちの1冊でした。当時37歳、2児の母だった遅咲きのデビュー作が、決定的な代表作となり、せなさんはその後も「おばけ」の絵本を描き続けることになります。

その『ねないこだれだ』は、子どもを寝かしつけるしつけの本ではなかった、という驚きの告白からはじまる本書は、せなさんが初めて「自分のことを書いた絵本」。

(中略)
子育てをした人、子育てをする人、絵本が好きなこども、すべての人へ贈る、自伝的絵本。

 

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163904849 

 

 

ねないこはわたし

ねないこはわたし

 

 

 

【参考記事】せなけいこ先生の作品レビュー

 

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com