読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ema Note

気になることを詰め込んだ手帖Blog

【絵本】12月におすすめ『ぐりとぐらのおきゃくさま』クリスマス絵本

だんだんとクリスマスが近づいてきましたね。

ツリーを出したり、プレゼントを用意したり、お子さんのいる家庭は大忙しです。

 

さて、今日もクリスマスにピッタリの絵本をご紹介!

 

※よろしければこちらもどうぞ

前々回記事 【絵本】12月におすすめのちいさな絵本『ハリーのクリスマス』

前回記事  【絵本】12月におすすめ『サンタのおまじない』クリスマス会や読み聞かせ会にも◎

 

 動物たちの楽しいクリスマスパーティ『ぐりとぐらのおきゃくさま』

ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))

 

ぐりとぐら、皆さんはご存知ですか?

 

あの、黄色いフッカフカのカステラを作ることでおなじみの

カワイイ二匹の野ねずみです。

 

絵本からうまれたおいしいレシピ ?絵本とお菓子の幸せな関係?  (e‐MOOK)

絵本からうまれたおいしいレシピ ?絵本とお菓子の幸せな関係? (e‐MOOK)

 

 

ちなみに、青がぐりで、赤がぐらです。

 

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

さて、ぐりとぐらは、子どもたちにも大人気という事もありシリーズ化されています。

特に、季節モノも多いです。

今日ご紹介する一冊は、冬の季節にピッタリのクリスマスにちなんだ絵本なのです。

 

ぐりとぐらのおきゃくさま』あらすじ

 

福音館書店HPより引用】

 

森で雪合戦をしていたぐりとぐらは、雪の上に大きな足跡を見つけました。足跡は森をぬけ、原っぱを通り、ぐりとぐらの家まで続いていました。ドアを開けると玄関には大きな長靴、壁には真っ赤なオーバーと白いマフラー、そして赤い帽子がかかっています。いったいだれ? そのときいい匂いがしてきたので、台所にいってみると、そこにはまっ白なひげのおじいさんが焼きたてのケーキを作って、待っていました。ぐりとぐらのクリスマスの絵本です。

http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=223

 

ぐりとぐらの住む森も冬を迎え、あたりは雪一面に覆われています。

そこで見つけた不思議な足跡をたどっていくと、なんと自分のおうちにたどり着く・・・。

 

で、その足跡の主は、結局のところサンタのおじさんなわけですが。

 

この物語を一言で説明すると

 

サンタさん、不法侵入の上に勝手にケーキを焼く。

 

です(笑)リアル世界だったら怖すぎなのですが。

 

絵本の世界では、そのケーキでクリスマスパーリナイしちゃいます♪

動物たちが大集合して、楽しいクリスマスを過ごしておしまい。

 

2歳半ごろ~読み聞かせしています

ぐりとぐら 』がお気に入りだったこともあり、そのシリーズは季節を問わず読み聞かせました。なかでも、この『ぐりとぐらのおきゃくさま 』は気に入っています。

数回読んだだけで、あとは「自分で読む!」と言ってうろ覚えながら音読していました。

 

最初は雪景色が続くのですが、ぐりとぐらのおうちに入ってからは、温もりのある印象。

ぐりとぐらの家ってこんなんなんだ~」と、有名人のご自宅拝見的な要素もあり、子どもは楽しんでいました。

 

そして、やっぱりケーキ!ですね。

食べ物が出てくる絵本というのは、それだけで子どもを(わたしも)惹きつけられます。

かわいらしい森の動物たちで食事を囲むシーンはこの絵本の最も印象に残る場面です。

 

 

ぜひ一度ご覧ください!

 

(読み聞かせ記録メモより)

 

f:id:mothersnote:20161213110205j:plain

 

 

 

Amazon

 

楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぐりとぐらのおきゃくさま [ 中川李枝子 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2016/12/13時点)


 

 

 

 

冬におすすめの絵本ご紹介♪こんな記事も書いています♪

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com