読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ema Note

気になることを詰め込んだ手帖Blog

ブログ1年記念に絵本記事を振り返る

気づけば当ブログを開設してから1年がたっていました。

1年も続くなんて思ってもおらず、たぶん読者の方がいなければあっさり消えていたことでしょう。

1年を迎えたからと言って、特別な記事などはありませんが・・・(笑)

 

主なテーマであった読み聞かせレビュー(現在はアメブロで継続)記事の中から、

 

独断と偏見に基づきまくったランキングで

絵本をご紹介したいと思います♪♪♪

 

【参考】絵本 カテゴリーの記事一覧 - Ema手帖 ~妊娠・出産・育児の体験談やおすすめ絵本のご紹介~

 

超独断と偏見ですみませんが我が家のお気に入り絵本ご紹介します

 

好きなキャラクター1位  だるまちゃんfrom『だるまちゃんとてんぐちゃん』

だるまちゃんとてんぐちゃん

 

『だるまちゃんとてんぐちゃん』・・・言わずと知れた名作ですね。

 

まずですね、私は加古里子先生が好きなんですよね。

絵本なのにまるで説明書のようなくどくどした感じとか(笑)

そこまでやるか?!っていうぐらい、ひとつのモチーフをたくさん描いたり。

(ex:からすのパン屋さんの、パンのシーン)

あ・・・褒めています。もちろん!

 

だるまちゃんの、何でも欲しがったりするところって、幼児らしくて、うちの子や子どものお友達と重ねて見えます。オモシロそうなものや初めて見るものは何でも欲しがりますよね。それって自然なことだと思います。

ただ・・・うちではだるまどんのように、それに応えてあげられていませんが(笑)

 

 

こちらの本については、この記事で紹介しています!だるまちゃん誕生のことについても少し触れています。

ameblo.jp

Amazon

だるまちゃんとてんぐちゃん

だるまちゃんとてんぐちゃん

 

 

誕生日プレゼントにおすすめ 1位『じぶんでつくる6さいまでのアルバム』

じぶんでつくる6さいまでのアルバム

これは、書店で見つけて即買いしたものです。絵本とは少し違うかもしれませんが、要するに子ども自身が作る自分史のようなもの。

 

親が書く育児ダイアリーはありますが、子どもが自分自身で家族やおじいちゃんおばあちゃんに聞きながら書き込めるものになっています。

 

イラストはぐりとぐらでおなじみの山脇百合子氏。絵本の中には、お子さんの大好きなキャラクターも登場するかも!?

 

6さいまでのアルバムなので、卒園祝いなどにもピッタリだと思いますが、字が書けるお子さんなら4歳・5歳でもおススメです♪

 

該当記事はこちらです

www.emanote.info

 【Amazon

じぶんでつくる6さいまでのアルバム

じぶんでつくる6さいまでのアルバム

 

 

ちなみに、親向けの育児ダイアリーはこちらの記事で紹介しています。

 

www.emanote.info

 

 

科学絵本部門 『ひさかたチャイルドしぜんにタッチシリーズ』

たびたびご紹介していますが、ひさかたチャイルド社の自然にタッチシリーズは、絵本というジャンルにありながら、大人にとっても見ごたえ十分の内容で、基本的に全部おもしろいです。

もう、たくさん書いたので、詳しくはこちらなどをご覧ください。

ameblo.jp

ひさかたチャイルド自然にタッチ大使でも何でもやりますので、関係者の方々ご覧でしたらぜひご連絡ください(笑)

Amazon

ぴっかぴかすいぞくかん (しぜんにタッチ!)

カレーのひみつ (しぜんにタッチ!)

みつけたよ! だんごむし (しぜんにタッチ!)

とりをよぼう! (しぜんにタッチ!)

 

頭ポカーン部門1位 『みみずのオッサン』

みみずのオッサン (絵本・こどものひろば)

私が初めて読んだ長新太氏の作品です。よりメジャーな『キャベツくん』あたりから読んでいればよかったのかもしれませんが、長新太の耐性がゼロの状態から読んだため、もう衝撃としか言いようがありませんでした。

かつて事前情報ナシでラーメン次郎に行ったことがあるのですが、まさにそんな感じでした。

生まれて初めて読んだ絵本がこれだったらと思うと、胸がざわつきますね。

説明のしようがありませんが、頭がポカーンと真っ白になったショック?が虜になってしまい、長新太の世界観にすっかりはまってしまいました笑。

ちなみに次郎には二度と行っていません。

 

もしかしたら、環境破壊についてのテーマなのかしら?↓

www.emanote.info

 

みみずのオッサン (絵本・こどものひろば)

みみずのオッサン (絵本・こどものひろば)

 

 

 

 

子どものお気に入り度1位 あいうえおを楽しむ絵本『ありいぬうさぎ』

あり いぬ うさぎ

 

最後に、娘がすっごく気に入っている絵本をご紹介♪

 

こちらは、海外のタイポグラフィー作家、サイラスハイスミス氏が描いたひらがなの絵本です。

 

あんまりメジャーな絵本ではないですが、まぁとにかく娘(3歳のころから現在まで)が気に入りまして。図書館で何度も借りてくるので、もう面倒になって購入しました笑。

 

動物とその動物を表す形容詞がたくさん出てきます。

数回読んだだけで、内容を暗記していました!恐るべし・・・。

『あいうえお』に興味を持つきっかけとしても優れていると思います!

 

ただ、書店にはおいてないのでネットでの購入がおススメです。

 

 

こちらの本については、この記事で紹介しています

www.emanote.info

Amazon

あり いぬ うさぎ

あり いぬ うさぎ

 

 

以上、ブログ開設1年を記念して、絵本についてまとめてみました。

 

 

 

2年目もどうぞよろしくお願いします。