Ema手帖 ~妊娠・出産・育児の体験談やおすすめ絵本のご紹介~

関東のとある田舎に住みつく主婦のブログ

Ema Note

気になることを詰め込んだ手帖Blog

実録!押し買い業者の手口とは?不用品回収でだまされそうになった話

 

 

「不用品買い取ります」という業者の電話にまんまと騙されて、押し買い業者を自宅にあげてしまいました。

 

多分被害はないはずですが。

 

押し買い業者とは・・・

f:id:mothersnote:20170909232245j:plain

貴金属やブランド品など高価なものを買い取ることです。

これなら、普通の買い取り業者と変わりません。

 

でも押し買い・・・というのは

 

 ・相場よりもかなり安く買う

 ・巧みな話術で強引に売らせる

というのがポイントです。

 

たとえばですが、適正な買取価格が100,000円のものを10,000円で買われていたら

「だまされた!」という気になりませんか?

 

詐欺にはなりませんが、手口としては詐欺同然ですよね。

 

 

押し買い業者に出くわした方々の口コミ・・・

やられました…
ブラウン管テレビ運び出したのに。目当ては貴金属。
テレビ買取ますと言いながら、乗って来たのは、軽自動車だった。
最悪な会社です‼︎

 

いらなくなった家電や衣類を出せと言われて、来るなり宝石やシャネルかヴィトンのバッグはないかとしつこい。衣類は1kg=1円。
宝石やブランド物がないとさっさと帰ろうとしたので、怒鳴ってやりました。


電話対応は丁寧で感じいいのに、家へ来たチャライ兄ちゃんの態度は最低。
あまりにしつこくアクセサリーはないかと言ってくるので、これは絶対おかしいと思いました。
挨拶も無しに入ってきて挨拶も無しに帰っていきました。


金プラしか基本的には買い取りません。
その日の相場の最悪1割程度です。
しかもイミテやおもちゃと嘘ついて金プラを買い取ります。

 

先方から電話がかかって人形とかないですか?どんなものでもいいのでといわれ、あれもこれもと探して、約束の時間にきたのですが、(新品も数点)出しました。すると、携帯のカメラで商品を撮影し、本社で査定して(携帯で操作)対象になりませんといわれ、タブレットを出してたとえば、貴金属とか、りかちゃん人形、懐中時計、ブランドバック、とかの写真をみせて、ないですか?最初からそれが、目的だったんだと思いました。

 

https://www.jpnumber.com/

 

 我が家の場合は「不用品回収」という名目で家に上がり込み「不用品は一切回収せず」「高価な貴金属を売ってくれ」と要求するものでした。母のものだったので売ってはいませんが・・・。しかしだまされたという気分でいっぱいです。

 

 

押し買い業者にだまされそうになった経緯

f:id:mothersnote:20170909232147j:plain

年末に不用品をまとめていたところに1本の電話

わたしはいつも怪しげな電話には不愛想な対応で切っていました。しかし、その日はたまたまベランダに要らない服を積んでいたこともあり、「ゴミ出し面倒だな」と感じていたところに電話がかかってきました。

 

「要らない古着や家電を買い取ってるんですけど、何かひとつでもあれば寄らしてもらいます。今日は〇〇町〇丁目(うちの住所)を巡回しているのですがいかがですか。

と。

 

あんまり期待はしていなかったのですが、服も引き取ってくれるなら、どうぞ。

とアポを取らせてしまったんです。

 

電話を切って3時間後、再び電話が。

 

「いまそちらに向かっています。古着という事でしたが、貴金属やバッグなんかも買い取り強化しているんで良かったら出しといてください」と。

 

そこで気づくべきだったんですよね。押し買い業者だということに!

 

押し買い=貴金属をねらう

 

この情報、知っていたはずなのに、全く疑いもせず。まじで、振り込め詐欺に引っかかる人の気持ちがわかりました。心のスキに漬け込んでくるんでね。

 

業者到着…やたら紳士的だが不用品には目もくれず

で、約束の時間にくる。

スーツを着ていて、髭がうっすらあり黒縁メガネの40代男性というところ。

割と紳士的な感じだったと思います。今思えば怪しいけど。

 

で、「廃棄物○○許可証(?)」とかかれたネーム札を見せてきます。これも、怪しさを紛らわせ、相手を信じさせるテクニックの様な気が。ちゃんと見てないから何かわからないですが。

 

で、古着を見せます。

「なるほどーー・・・」とかいいながら、ときどき「お子さんかわいいですね」と謎のフォロー。てか、服ぜんっぜんちゃんと見てない笑。

 

真の狙いはアクセサリーケース!

そして、「あそこにかかっているアクセサリーとかもね、もしよかったら見せていただきたいんですけど」と。

 

ここで私もまたうっかりと、「どうぞ」と渡してしまったんですよね。ああもう、つくづく馬鹿。

 

しかもそのアクセサリーケースは母のもので、一時的に私が預かっていたものでした。

中身はごちゃごちゃで、ほとんど安いものだと思います。私の子供のころのおもちゃのゆびわも入っていたほど。

 

ただ、ちゃんと確認していなかったから、どんなものが入っているか、わからなくて。

 

 

 

ここからは会話形式でお届けします。

業者「これとか、○千円で売れますよ。このスペースだけで〇万円位にはなりそうです!(興奮)」

 

私「あーー、、、でも母のものなんで勝手には売れないですね・・・」

 

業者「そうですか、でも使い道とかあるんですかね~?今風ではないですから」

 

私「いや~ないと思いますけど。でも勝手には売れないですよね。思い出とかあると思うんで」

 

業者「・・・そうですか。」

 

私「あと、こっちにももう少しあったかな??」

 

↑ここでは私が不覚にも1分程度離席してしまいます…。

子どもは業者の目の前に残す。

 

1分後

 

業者「じゃあ、大体見たんで大丈夫です~!」

 

私「え?買取は?無料でも引き取りは?」

 

業者「服とかは、時期的にちょっとずれているんで、また〇月ごろだと買い取れそうです」

 

→ここから猛ダッシュするように帰宅する業者…

 

 

私「(慌てて)あ、ちょっと待ってください。名刺もらえますか?」

 

業者「すみません!いま切らしていて、上司の名刺なんで、その横に僕の名前書いておきます」←おいおい

 

手書きの名前の名刺をもらう私。

本社は○○県?って全然別の住所!!

関東ですらない。

 

ここで、はっと気が付く。

f:id:mothersnote:20170909232217j:plain

・・・こいつ怪しい!!

 

その時にはもうシルバーの軽自動車はいませんでした・・・。

 

押し買い業者だと気づく!何か盗まれたのでは?という不安

業者が去ってしまって、( ゚д゚)ポカーンとしてから数分後。前にテレビで見た押し買いってやつか!と気づく。

 

そして、それだけではない。

 

離席した時の1分間で、何か盗まれたんじゃ…??と、焦りと不安に襲われました。

だって、貴金属を見た後すぐに帰りましたからね。走るように。

 

もうね、気分が落ち込みまくりました。だまされたショック、自分の愚かさ、被害があった場合の申し訳なさ、後悔しまくりでした。

 

アクセサリーケースはもともと自分のものではないし…何があったかも定かではないわけで。

 

何か盗まれていないか母に確認してもらう→たぶん大丈夫とのこと

 

その後すぐに母の元へアクセサリーケースを持っていき、中身を確認してもらいました。

母「すごく昔のだから盗まれててもわからないと思うけど・・・まぁ盗られてないでしょ笑。本当に大事なものは別で保管してるしね。」

 

ここでわたしは一安心。さらに

 

「もし、子供の目の前で盗んだのだとしたら、

絶対地獄に落ちるから大丈夫よ」と。

何が大丈夫かわからないけれどとりあえず安心。

(気分的には盗んでなくても地獄に落ちてほしい笑)

 

ただ、自分の家に怪しい人間をあげたことはマジで後悔です。間取りとか抑えられてるわけですしね。防犯上よくない。もちろん、アクセサリー類は母の元に返しました。

 

押し買い業者あるある!狙われやすい女性は注意して

ここでよくわかる押し買い業者の手口をおさらいしたいと思います♪♪

ぜひ参考にしてください。

 

・「不用品どんなものでも買い取ります。古着や食器1個からでも良いですよ」、

「うちバザーもやってるんで、どんなものでも」と相手の家に上がり込む理由を作る

 

・「今日は、○○丁目(自分の家の近所)の周辺を回っています」やたら具体的な住所を言う

 

・来る直前「アクセサリーもあれば一緒に見せてください」と電話し、真のターゲットを準備させる

 

・(大量の不用品が入るわけがない)軽自動車でやってくる

 

スーツ姿で登場し、外見から相手を欺

 

・「立派なおうちですね」、「かわいいお子さんですね」と警戒心を解かせる

 

なぞの許可証を見せてちゃんとしている感を出す

 

・「何か買い取らないと成績に関わるんで」と同情を引く

 

アクセサリーを物色し売るように迫る

「使わないなら売っちゃったほうが良いですよ」、「色も変わってるんで外でつけるにはちょっとねぇ」、「いまなら買取強化してるんで」など

 

結局買い取らない!

(金目のものは除く)

 

逃げるように帰る

 

名刺の連絡先は県外(本社住所と電話番号のみ!)

 

・もしかしたら、隙を見て盗むことも…?

 

考えられる今後の予防策

・怪しい電話はさっさと切ること

・電話番号と業者名を検索して、押し買い業者の場合は着拒推奨!

・突然訪問されても家にあげるのはNG。インターホンで追い払おう

・もしあげてしまった場合、業者のそばを離れてはならない

・年配や高齢の女性を狙いやすいため、家族や両親に「押し買い」について説明しておくと良い。特に大掃除の時期など、不用品が出やすい時期は注意!一応30代の私でもだまされかけたので・・・。

 

 

ということで、押し買い業者に騙されそうになったお話でした。これはほんの一例であり、もっと手を変え品を変えたやりくちで狙ってくると思うので、注意してください。

どんなものでも買い取ります、といっていても、どんなものも買い取らず、売るつもりがないものを要求してきます。

 

ビジネスモデルそのものがだます前提です。

 

ウソまみれの業者ですので、まともなスタッフが来るとも思えません…。

 

 

みなさん、ぜひ気を付けてください。