Ema手帖 ~妊娠・出産・育児の体験談やおすすめ絵本のご紹介~

関東のとある田舎に住みつく主婦のブログ

Ema Note

気になることを詰め込んだ手帖Blog

【仕掛け絵本】定期購読で届いた「ブックモンスターかじり屋ニブルス」レビュー

本日はイギリス生まれの仕掛け絵本「ブックモンスターかじり屋ニブルス」のレビュー記事です!

 

仕掛け絵本「ブックモンスターかじり屋ニブルス」とは?海外のレビュー

Nibbles: The Book Monster

ブックモンスターかじり屋ニブルス(Nibbles:the Book Monster)は、英国生まれの仕掛け絵本です。日本ではあまり知られていませんが、海外では口コミが多く人気です。

 

ちなみにAmazon.co.jpでのレビューはたった1件で、不安しかないのですが、

f:id:mothersnote:20180525142052j:plain

アメリカの書籍レビューサイトGoodReadsでは、

レビュー331件、4.57

と、そこそこの評価を得ている作品です。

f:id:mothersnote:20180525142040j:plain

レビューサイトリンク :Nibbles: The Book Monster by Emma Yarlett
 

 

ちなみに、海外レビュワーたちによる口コミを抜粋&意訳するとこんな感じです。 

f:id:mothersnote:20180525135523j:plain

Ahhhhhh!This book is amazing! I loved it! It it is super cute and unique. 

byスーツおじさん

 

f:id:mothersnote:20180525140003j:plain

When we gave this to my nephew he was so excited that he couldn't wait for us to read it to him.

byラプンツェルヘアーさん

 

f:id:mothersnote:20180525135539j:plain

This is such a cool idea, and wonderfully put together! Maybe not for very young children, but it's very funny and a book that parents can also enjoy - which is always welcome!

byカルーセル麻紀さん(嘘)

 

※画像はすべてフリー素材です。

 

以上のように、読者からの評価は上々な作品でございます。

 

「ブックモンスターかじり屋ニブルス」の内容

気になる内容はこちら。

f:id:mothersnote:20180518155322j:plain

丸くて、黄色くて、ふわふわの、なんでも食べちゃうかじり屋ニブルス。いちばんの大好物は、本!バリバリ、ガリガリ、ムシャムシャ、自分の本をかじって穴を開けて抜け出して、別の絵本にかじりついてもぐりこみ、お話の世界に飛び込んで、あっちをかじり、こっちをかじり。
おかげで、絵もストーリーも変わってしまい、登場人物はおかしなことを言いだして、物語は大混乱!誰かニブルスをつかまえて!やりたい放題のニブルスは、かじった穴から逃げ出して、また次の本へ……もうたいへん!エマ・ヤーレット初のしかけ絵本は、絵本の中に絵本が何冊もあらわれる不思議な作品。3匹のクマ、赤ずきんちゃん、ジャックと豆の木といった名作が、いったいどうなってしまうのか?さあ、フラップをめくり、穴から覗いて、いたずらなかじり屋ニブルスを追いかけよう!

ブックモンスター かじり屋ニブルス WORLDLIBRARY

 

 

主人公のニブルスは絵本をかじるのが大好き。で、絵本をかじると作品の中にニブルスが入ってしまって、絵本の内容が変わってしまう!というもの。今まで見たことのない、楽しくて想像力を刺激してくれる絵本です。

 

仕掛け自体は派手ではありません。しかしストーリーにぴったりの楽しい演出となっています。

 

もし自分が絵本作家だったら「この手があったか!!!」とねたんでいたかもしれません。

 

しかけ絵本ではなくても十分面白い!

でも、しかけ絵本でないといけない、という感じ。

 

ちょっと自分でも何言っているかわからないですけど、ざっくりいうと

 

 

 

f:id:mothersnote:20180525153502j:plain

毛玉ニットおじさんも、とてもおすすめしています!

 

子ども(5歳と2歳)の反応

f:id:mothersnote:20180525160747j:image

こちらの絵本は、ワールドライブラリー社の絵本の定期購読により届いたもの。毎月15日には、海外の人気絵本が自宅にやってきます。

「かじり屋ニブルス」はしかけ絵本ともあり、5歳の娘も食いつきが良かった!絵本の内容はもちろん、独創的な世界観に一気に引き込まれていました。「もう一回読んで」のリクエストも多いです。家に来てから2週間ほどはほぼ毎日読んでいました!

近ごろは2歳の長男がすっかり気に入っているようで、よく眺めております。さっそくしかけの部分は破られましたが、セロテープで直して読んでいます。

 

定価だと2160円、定期購読だと1080円で買えます

 

f:id:mothersnote:20180518155326j:plain
f:id:mothersnote:20180518155322j:plain

ワールドライブラリーの定期購読で届いた絵本↑

こちらのブックモンスターかじり屋ニブルス(日本語版)は、ワールドライブラリー社が翻訳、出版しています。いまのところ日本語版はアマゾンなどでは取り扱いがないため、ワールドライブラリー社から購入する必要があります。

 

↓↓購入先↓↓ 

【出版社サイト】ブックモンスター かじり屋ニブルス

 

まぁ面倒といえば面倒ですけど。。。

 

ただ、お伝えしたいのが、値段!

こちらの絵本、定価は2,160円なんですけど、ワールドライブラリー社の絵本の定期購読で届いたので1,080円でした!!!ワンダフォー!!!

 

定期購読っていうのは、毎月1回子どもの月齢に応じた絵本が届くというもので、大手出版社をはじめいろんな企業が行っているサービスです。

 

他社の定期購読ですと、大体1ヶ月1500~2000円くらいで送料別。安いところはソフトカバーなんですけど、ワールドライブラリーは1,080円、ハードカバーでなぜか送料込みです。

で、大体”定期”とつくとサプリメントとか化粧品なんかは、最低〇ヶ月は買ってね、みたいなお約束あるじゃないですか。安いからと思って買ったら、結局高くついた!みたいな。丸亀製麺でサイド頼みすぎて890円!?みたいな。私はそういうのが苦手で、(あ、丸亀製麺は好きですいつもお世話になっています)気に入らなかったらいつでもやめれる、というスタイルが好きです。

 

ワールドライブラリーの絵本定期購読は最低〇回という”回数の縛り”がなくて、期日までに解約すればいつでも次回ストップできます。ただし、3か月以内に解約したら再申し込みはできないようなので、要注意!

 

実際購読してみての感想や、もっとこうだったらいいのにな~と思う点については、前の記事に書いていますのでよかったらこちらもどうぞ!

 

もし、「ブックモンスターかじり屋ニブルス」に興味を持たれたら、絵本の定期購読ワールドライブラリーパーソナルにて、5歳0ヶ月からコースを開始がおすすめ(もし配本スケジュールが変更していたら申し訳ないです。)!

 

 興味のある方はこちらからどうぞ!

 

英語バージョンはAmazonからでも購入できますよ~! 

Nibbles: The Book Monster

Nibbles: The Book Monster

 

 

ぜひ、参考にしてくださいね~!!!

 

以上。

 

 

 

■関連ブログ 

★ワールドライブラリーの定期購読について書きました 

www.emanote.info

 

★絵本日記をつけています

www.emanote.info

 

★集中線を多用した記事

www.emanote.info